経済学部 経済学部の特徴

経済学部の特徴

暮らしや自然環境に配慮した、 人に優しい「経済学」を学ぶ。

地球環境の悪化や国際化、少子高齢化が進む時代。
経済分野でも、利益を追求するだけでなく、暮らしや自然環境に安心・安全を提供する流れが広がっています。
こうした時代を見据え、神戸国際大学では人や社会をさらに豊かにする経済学を学びます。

安心の教育システム

キャリア教育 教養教育などで社会人としての基礎を築き、資格講座で積極的に専門的なスキルを取得。個々の才能に応じた理想的な将来をめざします。

自分がもっている力とはどんなものか。自分はどんな人間なのか。専門的な知識やスキルを身につける前に自分の将来を見つめ、考える。本学の新しい学びでは、人間としての基礎教育を重視しています。ユニット科目では、キャリア設計などのカリキュラムを導入。また、従来の少人数制度によるコミュニケーション型の教育やインターンシップなどの実践教育の中で、学生たちに問題意識を持たせるとともに社会や仕事の場においての体験を重ねます。さらに、生涯教育や資格取得講座などビジネスに直結する知識やスキルを学ぶ機会を設け、実社会へ向けての意識や実力をアップさせます。

就職サポート体制 社会や企業にふれる様々なプログラムを通して、学生たちに最適の進路をアドバイスします。

世の中にはどのような産業があり、企業がどのように活動することで社会が成り立っているのか?学生たちにはこうした知識が少なく、産業社会に関する情報が乏しい。そのために「やりたい仕事がない!」という学生が多いということを強く感じます。つまり、希望の就職を実現するためには、まず社会を知ることが大切でその上で自分の能力や興味を見つめ、進路を選択する必要があります。私たちはこうした考えに基づき、学生たちと綿密に話をし、一人ひとりにキャリア教育を徹底しています。さらに、就職サポートでは、インターンシップやセミナーなど、実際に企業の人々とふれあい、現場を実感させることを重視し、学生たちに社会の知識や経験を織り込みながら就職へと導いています。

国際交流・留学制度 語学力だけではなく、積極性や協調性など人間力を身につけて。

留学には不安がつきもの。本学ではその不安を取り除き安心して海外留学を経験してもらえるよう万全の体制を整えています。留学先への手続きはもちろん、パスポートの手続きから宿舎の手配など、すべての面で安心して留学できるよう学生をサポート。海外研修では担当教員が留学前に語学研修を行うだけでなく、現地へも同行し、生活面でも相談にのってくれます。留学では英語力のアップに力を入れています。同時に積極性を身につけてもらいたいと思っています。実際に留学後の学生たちに会うと、みんな積極性と協調性を身につけて帰ってきていて、留学前とは全然違います。学費免除の制度もありますので、ぜひ参加してみてください。

少人数制度 1年次から始まるゼミナール学習。少人数スタイルで生きた知識を実践的に学びます。

実践型の教育を重視する本学では、少人数形式でのゼミ学習を1年次から導入しています。経済経営学科では、自分の興味のある分野でより身近なテーマを学習。また、国際文化ビジネス・観光学科では六甲アイランドや京阪神の地域性を活かしたフィールドワークも体験します。学内はもちろん学外を広く学びの場として、先生と学生たちが共に社会の現状を課題に学んでいくことで、ビジネスフィールドで活躍するために必要な生きた知識を身につけます。