警報・公共交通機関運休などの場合

警報及び交通機関運休による授業の取扱について

警報または運休の状況 授業の取扱
午前7時までに解除または復旧 1限より平常通り
午前10時30分までに解除または復旧 3限より平常通り
午前10時30分以降も発令または運休 全日休講
授業開始後に発令された場合 状況に応じて大学が判断する

【対象警報】(以下いずれか一つ以上の発令)
①すべての「特別警報」(特別警報には大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪が含まれる)
②暴風警報
③暴風雪警報
④高潮警報
⑤津波警報
※なお、学内にいるときに特別警報が発令され、帰宅することでかえって「生命・身体への危険が生じる恐れがある」と大学が判断した場合には、下校を禁止することがあります。教職員の指示に従ってください。
※通学途中に上記の特別警報が発令された場合は、安全を一番に考え、登下校が可能かどうか自主的に判断し、状況によっては通学を控えてください。

【対象区域】
兵庫県「神戸市」区域(「神戸市」を含む区域)

【対象交通機関】(①、②の一つ以上)
①JR(大阪〜西明石間)、阪急電鉄神戸本線、阪神電鉄本線、山陽電鉄の二つ以上が同時運休となった場合
②六甲ライナー