留学生向け 大学生活について

登校したら必ず行う”3つ”のこと

①バーコードリーダーで「登校のチェック」

登校したら必ず、学生支援センター(国際交流)のカウンターにあるバーコードリーダーで「登校のチェック」をしてください。(毎月の登校率など、この登校チェックで判断します。)必ず自分の学生証でチェックすること。受付時間は9:15~17:00です(時間厳守)。17時を過ぎると、チェックできません。

②2号館1階の掲示板及び学生支援センターのカウンター前の掲示物を確認

③何か変更があるときは必ず学生支援センター(国際交流)で手続き

出入国関係の諸手続き、電話番号や住所変更など、最新の情報に変更しておかないと、大切なお知らせを皆さんに連絡することができなくなり、皆さんが困ることになります。その際に被る不利益については、責任は皆さんにあります。

学生証について

学生証は、あなたが神戸国際大学の学生であることを証明する身分証明書です。通学定期券を購入する時、本学の図書館を利用する時、定期試験を受ける時に必要です。とても大事なものですので、常に携帯してください。

①学生証の有効期間は4年間です。(転入生・編入生は学年により異なります。)
②学生証の記載事項(氏名・現住所等)に変更が生じた場合は、学生支援センターに届けてください。
③卒業、退学、除籍その他で、本学学生の身分を離れたときは、すみやかに学生証を学生支援センターに返却してください。

大学のメールアドレスについて

学生の皆さんには、学内の情報システムを使用するために、個別のユーザーID、パスワード、メールアドレスが付与されます。紛失した場合は手数料500円がかかり発行まで1週間かかります。個人でしっかり管理してください。

学校の行事などのお知らせは皆さんの大学のメールアドレスに送ります。常に大事なメールを確認できるように、大学のメールを携帯電話でよく使うメールアドレスに転送する設定をしてください。携帯電話へのメール転送の設定方法は入学後のオリエンテーションでお知らせします。

Campus planポータルサイトについて

Campus planポータルサイトで自分の授業時間割、休講情報、教室変更情報、大学教職員からのお知らせを確認することができます。毎日チェックする習慣をつけましょう。

通学定期券について

通学定期券は家から大学までの最短区間で、通学の目的に限って買えます。通学区間および通学路を変更した場合は、住所変更届と学生証を学生支援センターへ提出し、学生証裏側のシールを更新してください。

無断で変更すると、不正使用として罰せられます。不正乗車行為をした場合は、学則第37条に準じ、懲戒処分(停学、退学等)の対象となり、日本に滞在できなくなりますので、不正乗車は絶対しないでください。

<不正乗車とは・・・>
①通学定期券の貸し借り
日本では定期券は本人しか使用できません。駅員には他人の定期券を使っている人はすぐに分かります。定期券の貸し借りは絶対にしてはいけません。
②小児切符(こども料金)で不正乗車
小児切符(こども料金)での不正乗車は罰金の対象になります。
③非正規ルート切符で不正乗車
アルバイト等で通学定期券と併用する場合、通学定期外の区間に関しては、必ず正規ルートの切符を買ってください。

学割証について


教育活動、就職活動、課外活動、旅行等で遠距離(JR片道100kmを超える区間)の乗り物を利用する場合、学校学生生徒旅客運賃割引証(通称「学割証」)を利用できます。JRの長距離バスや私鉄にも使えます(100km超)。

申し込みをしたい場合は学生支援センターで学生証を添えて申し込みください。即時発行されます。発行された「学割証」を本人が駅又は主な旅行会社の窓口に提出することにより大人旅客運賃の2割引の切符を購入できます。学割証は本人しか使用できません。

自転車通学について

①自転車通学をする場合は、必ず防犯登録を行い、学生支援センターへ届け出をしてください。
②自転車から離れる時は必ず鍵をかけてください。駐輪場であっても鍵をかけましょう。
③新しく購入した時だけでなく、友人等から自転車を譲りうけた場合も同様に防犯登録を行ってください。防犯登録は法律で義務付けられています。防犯登録をすれば、盗難に遭った時、発見される確率が高くなります。

<防犯登録の方法> 
他人からもらった場合、自転車本体・公的身分証明書(在留カード)・譲り受けたことが分かるもの(前所有者の防犯登録カード・譲渡証など)・新規登録料600円(非課税)を持参し、近くの「自転車防犯登録所」(販売店)にて防犯登録をすることができます。
参考リンク: 一般社団法人 兵庫県自転車防犯登録会

④放置自転車を拾って使用してはいけません。拾った自転車を使うと「自転車泥棒」になります。「自転車泥棒」等が発覚した場合、除籍・退学処分になる可能性があります。
⑤大阪府と兵庫県内で自転車を利用する人全ては、自転車保険に加入することが義務付けられています。そこで、本学では自転車通学を希望する学生には自転車保険への加入を条件に許可しています。
⑥「自転車安全利用五則」を守りましょう。
・自転車は車両なので、原則として車道を走らないといけません。
・車道は左側を通行しましょう。
・歩道を走る時は歩行者優先で、車道寄りを徐行しましょう。歩行者がいる場合は一度止まるか、自転車から降りて押して歩きましょう。
・安全ルールを守ろう。(二人乗りの禁止、並進の禁止、夜間はライト点灯、交差点での信号遵守と一時停止・安全確認)

健康な生活について

(1)大学の医療体制(保健センター)

大学内で怪我をしたり、体調不良になった場合、保健センターで応急処置を受けることができます。その他、談話スペースで交流や相談もできますので、有効に活用してください。

定期健康診断
本学では、毎年1回「学校安全保健法」「結核予防法」などに基づく健康診断を実施しています。学生の健康管理を行うと同時に病気などの早期発見を目的としたものですので、必ず受診してください。なお都合により受診できない場合には、自費で医療機関へ診断に行き、結果を保健センターへ提出してください。期限内に健康診断を受けていない学生は、当該年度の授業料減免対象にならないので、十分注意してください

(2)学生教育研究災害傷害保険<全員加入>

大学における学生の教育研究中や、課外活動中、及び学校施設内で起こった事故等でけがをした場合に保険金が支払われる制度です。怪我をした場合、学生支援センターに連絡をしてください。

(3)学研災付帯賠償責任保険<全員加入>

大学における学生の教育研究中や、課外活動中、通学中、及び学校施設内で起こった事故等で他人にけがをさせたり、他人の財物を損壊したことで被る損害に対して保険金が支払われる制度です。対象と思われることがあった場合は学生支援センターに連絡をしてください。


在学生向け(留学生)情報

新入生行事・オリエンテーション

入国直後の諸手続き

在留手続き情報

住宅について

学費・奨学金情報