海外渡航時の安全確保に関する
注意喚起について

昨今の海外情勢では様々な暴動、テロ、内乱などのほか、ハリケーン、地震、伝染病などの自然災害も多く発生しています。日本人観光客や留学生が海外で事件や災害に巻き込まれるケースも多くなっています。海外へ渡航する際には、日本でも起こりうる交通事故、盗難、強盗、セクハラ、自然災害等の様々なことを意識しておくことが大切です。
渡航前には必ず、報道及び「外務省海外安全ホームページ」等で最新の情報を取得し、危険地域を事前に調べ、渡航延期勧告地域には立ち入らないことはもちろん、それ以外の地域においても危機意識をもって行動するよう心がけてください。また、外務省が実施している「渡航登録サービス」への登録をするようにしてください。渡航先において、問題が生じた場合や予期しないトラブルに巻き込まれた場合は、自分の判断で対応しなければならないため、渡航前から自分でできる予防策をとっておくことが大切です。なによりも、自分の身は自分で守るという自己責任の意識を持って行動することが重要となります。

海外渡航する予定がある場合には、教学センター学生支援担当に報告(行き先、日程表、取扱旅行会社等)をしてください。なお、報告は下記からダウンロードした海外渡航届(様式)をご使用ください。

海外渡航届(様式)

教学センター

TEL.078-845-3500