NEWS

2018.09.12

お知らせ

附属高校・大学合同のFD・SD研修会を開催しました

2018年8月28日(火)大学キャンパスにおいて、附属高等学校と大学合同のFD・SD研修会を実施し、
大学経済学部・リハビリテーション学部教職員、附属高校教員、学院長を含む法人本部職員あわせて
97名が参加しました。

研修会は二部構成で、第一部は本学院高大接続教育支援センターの宇都宮センター長による講演および
質疑応答、休憩をはさんで、第二部は大学教職員、高校教員による現状報告・情報共有を行いました。

第一部の講演は「マージナル大学における高大接続改革への取り組み」をテーマとし、文部科学省による
大学再編プラン解説、①高等学校教育改革・②大学入学者選抜改革・③大学教育改革の一体化した改革、
高大連携の事例紹介を通して、本学院の高大接続・高大連携への重要な提案がなされました。

第二部では、大学より附属高校からの進学者について内部進学状況等、就職状況、修学状況、国際交流
活動状況などについて、また高校より進路状況、新たに設置された高校文理特進コースの紹介、不登校
など生徒支援や配慮が必要な特別履修生への教育指導状況などの報告を行い、学院内の情報共有を図り
ました。

研修会終了後、学長・高校長よりFD・SD研修会を継続しつつ、さらに高大接続の展開を期したいとの
提案がありました。
今後はあらたに専門会議・分科会を設置するなどして、活発な意見交換をもとに高大7年教育の方策を
進めて参ります。