NEWS

2018.07.27

学生の活躍 社会連携

本学防災救命クラブ(DPLS)の学生が地元の高齢者の方に健康体操の
指導を行いました。

7月21日(土)、本学防災救命クラブ(DPLS)の学生たちが神戸市東灘区の住吉台集会所で地元の高齢者の皆さまに健康体操の指導を行いました。

当日はDPLS部員2名が参加し、ストレッチや筋力強化、認知症予防の頭の体操を行いました。
この地域では、今年は四回実施予定で今回は二回目であり、学生たちは地域の方と楽しいひと時を過ごしました。

こうした取組みは、リハビリテーション学部の地域貢献事業の一つであり、今後も地元と連携し積極的に参加してまいります。