NEWS

2020.03.30

お知らせ

海外渡航帰国者への注意喚起

海外渡航者が帰国後に新型コロナウイルス感染症を発症しているケースが相次いで確認され、また、帰国後の行動によって感染を拡大させるような事例も確認されています。兵庫県からの要請に従い、留学・旅行等で海外から帰国された方は、2週間はご自身の健康管理にご注意いただくとともに、不要不急の外出を控えてください。また、下記の通り感染拡大予防に努めてください。

① 発熱(37.5℃以上)、呼吸困難、下痢、筋肉痛等の症状がある者については、あらかじめ「神戸市帰国者・接触者相談センター」に連絡して、その指示に従ってください。万が一、感染等が確認された場合には、直ちに教学センター(学生支援)にお知らせください。

② 体調に問題がない者も、帰国後14日間は毎日体温を測り(朝夕2回以上)、手洗い、マスクの着用を徹底し、不要不急の外出は控え自宅で過ごすようにしてください。呼吸困難・発熱など 体調不良が発生した場合は、上記の①と同様に行動してください。万が一、感染等が確認された場合には、直ちに教学センター(学生支援)にお知らせください。

海外渡航に起因し、他大学でのクラスター発生の事例も報道されています。本学の新入学生と在学生の皆さんにおかれましても、十分に注意をはらい、感染拡大予防に努めていただきますよう、お願いいたします。

■関連の情報サイト
外務省 海外安全HP  
厚生労働省HP
厚生労働省検疫所HP
兵庫県HP
大阪府HP
神戸市HP