専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科
教授
上杉 雅之
ウエスギ マサユキ

学位博士(保健学)
学歴佛教大学社会学部 神戸大学大学院医学系研究科博士課程前期課程 神戸大学大学院医学系研究科博士課程後期課程
職歴

畿央大学非常勤講師

授業担当科目

運動学B、発達障害理学療法学、発達障害理学療法学演習、研究法セミナーA・B

研究テーマ

AIMS(乳幼児の運動発達検査)
問題行動
障がい児

メールアドレスuesugi@kobe-kiu.ac.jp
学生へのメッセージ

小児分野はマイノリティな世界ですが、興味深い世界です一緒に探索しましょう。

研究活動

著 書

「ケースで学ぶ理学療法臨床思考」共著 文光堂
「地域理学療法にこだわる」共著 文光堂
「実践MOOK・理学療法プラクティス(運動連鎖)」共著 文光堂
「イラストでわかる小児理学療法」監修.医歯薬出版
「小児のリハビリテーション評価マニュアル」共著.診断と治療社
「イラストでわかる人間発達学」監修.医歯薬出版
「イラストでわかる発達障害の作業療法」監修.医歯薬出版
「動作のメカニズムがよくわかる 実践!動作分析」監修.医歯薬出版
「理学療法士のためのウィメンズ・ヘルス運動療法」監修.医歯薬出版
「統合と解釈がよくわかる 実践!理学療法評価学」・監修・医歯薬出版
「99のWeb動画付き イラストでわかる小児理学療法学演習」.監修. 医歯薬出版
「イラストでわかる物理療法」監修. 医歯薬出版

(訳書)
「乳幼児の運動発達検査」.監訳.医歯薬出版
「脳性麻痺のクリニカルリーズニングアプローチ理学療法・作業療法評価と
治療」監訳. 医歯薬出版
「イラストによるスペシャルシーティング姿勢評価アプローチ」監訳.
医歯薬出版
「脳性まひ児の家庭療育 原著第4 版」 監訳. 医歯薬出版
「親と専門家のための脳性まひ児の運動スキルガイドブック」監訳.医歯薬

論 文

2000年以降(筆頭論文)
1, Lowe症候群の理学療法経過.理学療法ジャーナル.34:439-41,2000.
2,5P-症候群の理学療法経過.理学療法ジャーナル.35:795-798,2001.
3,脳梁欠損児の理学療法経過.総合リハビリテーション.29:453-456,2001.
4,運動発達の改善がみられた滑脳症の理学療法経過.理学療法ジャーナル.37:69-72,2003.
5,小児神経筋疾患の理学療法経過.理学療法ジャーナル.37:393-399,2003.
6,8P-症候群の理学療法経過.理学療法ジャーナル.37:523-526,2003.
7,新しい運動発達評価法 Alberta Infant Motor Scaleの紹介.理学療法科学.20:263-266,2005.
8,低酸素性虚血性脳症児の理学療法経過.理学療法科学 21 55-58. 2006.
9,ビデオ情報によるAlberta Infant Motor Scaleの信頼性に関する研究.理学療法科学.21:137-141,2006.
10,Aberrant Behavior Checklistの紹介.理学療法科学.23: 551-554,2008.
11,The Reliability and Validity of the Alberta Infant Motor Scale in Japan. Journal of Physical Therapy Science.20:169-175, 2008.
12,本邦におけるAlberta Infant Motor ScaleのPercentile ranksの調査.理学療法科学.24:5-19,2009.
13.The reliability of Japanese manuals of Aberrant Behavior Checklist in the Daycare Center for handicapped children . Journal of Physical Therapy Science22:57-59.2010.
14.What problematic behaviors are observed among persons receiving Pediatric physical therapy?.Journal of Physical Therapy Science22:387-390,2010
15.Research of healthy children’s motor development using the Alberta Infant Motor Scale.Journal of Physical TherapyScience23:613-615,2011
16.Comparing problematic behavior assessment of physical and occupational therapists.Journal of Physical Therapy24:523-525,2012 Science
17.Examining the intra-rater reliability of the Japanese version of the Aberrant Behavior Checklist used for handicapped childrenJournal of Physical TherapyTherapy24:1115-1117,2012
18.Comparison of problematic behavior according to Ryouiku Techou standard.Journal of Physical Therapy Science25.877-880.2013
19.Relationships between gross motor abilities and problematic behaviors of handicapped children in different age groups. Journal of Physical Therapy Science26.1907-1909.2014
20.Relationships between problematic behaviors and motor abilities of children with cerebral palsy.Physical TherapyTherapy27.2963-2964

学会発表

2009年以降筆頭
・第44 回日本理学療法学術大会(東京都)
・11thInternational congress of Asia confederation for physical therapy.
(インドネシア)
・第45 回日本理学療法学術大会(岐阜県)
・第46 回日本理学療法学術大会(宮崎県)
・9th international meeting of physical therapy science.(中国)
・第47 回日本理学療法学術大会(兵庫県)
・第48 回日本理学療法学術大会(愛知県)
・日本発達障害大会 第47 回研究大会(神奈川県)
・International Association for the Scientific Study of Intellectual and
Developmental Disabilities (東京)
・WCPT-AWP & ACPT Congress (台湾)
・第49 回日本理学療法学術大会(神奈川県)
・日本発達障害大会 第48 回研究大会(宮城県)
・第1 回日本小児理学療法学術大会(北海道)
・第50 回日本理学療法学術大会(東京都)
・第51 回日本理学療法学術大会(北海道)

所属学会

日本理学療法士協会
日本ボバース研究会

受賞や表彰など

第15回理学療法ジャーナル「奨励賞」

社会活動

講演
(研究者、
医療機関従事者、
学校関係者向け)

平成30年2月20日京都橘大学レジリエンス・プロジェクト研究報告会/学外研究員
平成30年12月2日大阪府理学療法士協会生涯学習講習会で「理学療法評価・治療に活かす人間発達 アルバータ乳幼児運動発達検査法」の講演
令和元年8月4日鹿児島県理学療法士協会小児系研修会で「臨床に役立つ小児発達評価「AIMS」乳幼児の運動発達検査法」の講演
令和元年9月1日静岡県理学療法士協会中神経系専門部小児研修会で「理学療法評価・治療に活かす人間発達 アルバータ乳幼児運動発達検査法」の講演(予定)

専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科教授
上杉 雅之
ウエスギ マサユキ

学位博士(保健学)
学歴佛教大学社会学部 神戸大学大学院医学系研究科博士課程前期課程 神戸大学大学院医学系研究科博士課程後期課程
職歴畿央大学非常勤講師
授業担当科目運動学B、発達障害理学療法学、発達障害理学療法学演習、研究法セミナーA・B
研究テーマAIMS(乳幼児の運動発達検査) 問題行動 障がい児
メールアドレスuesugi@kobe-kiu.ac.jp
学生へのメッセージ

小児分野はマイノリティな世界ですが、興味深い世界です一緒に探索しましょう。

研究活動

著 書

「ケースで学ぶ理学療法臨床思考」共著 文光堂
「地域理学療法にこだわる」共著 文光堂
「実践MOOK・理学療法プラクティス(運動連鎖)」共著 文光堂
「イラストでわかる小児理学療法」監修.医歯薬出版
「小児のリハビリテーション評価マニュアル」共著.診断と治療社
「イラストでわかる人間発達学」監修.医歯薬出版
「イラストでわかる発達障害の作業療法」監修.医歯薬出版
「動作のメカニズムがよくわかる 実践!動作分析」監修.医歯薬出版
「理学療法士のためのウィメンズ・ヘルス運動療法」監修.医歯薬出版
「統合と解釈がよくわかる 実践!理学療法評価学」・監修・医歯薬出版
「99のWeb動画付き イラストでわかる小児理学療法学演習」.監修. 医歯薬出版
「イラストでわかる物理療法」監修. 医歯薬出版

(訳書)
「乳幼児の運動発達検査」.監訳.医歯薬出版
「脳性麻痺のクリニカルリーズニングアプローチ理学療法・作業療法評価と
治療」監訳. 医歯薬出版
「イラストによるスペシャルシーティング姿勢評価アプローチ」監訳.
医歯薬出版
「脳性まひ児の家庭療育 原著第4 版」 監訳. 医歯薬出版
「親と専門家のための脳性まひ児の運動スキルガイドブック」監訳.医歯薬

論 文

2000年以降(筆頭論文)
1, Lowe症候群の理学療法経過.理学療法ジャーナル.34:439-41,2000.
2,5P-症候群の理学療法経過.理学療法ジャーナル.35:795-798,2001.
3,脳梁欠損児の理学療法経過.総合リハビリテーション.29:453-456,2001.
4,運動発達の改善がみられた滑脳症の理学療法経過.理学療法ジャーナル.37:69-72,2003.
5,小児神経筋疾患の理学療法経過.理学療法ジャーナル.37:393-399,2003.
6,8P-症候群の理学療法経過.理学療法ジャーナル.37:523-526,2003.
7,新しい運動発達評価法 Alberta Infant Motor Scaleの紹介.理学療法科学.20:263-266,2005.
8,低酸素性虚血性脳症児の理学療法経過.理学療法科学 21 55-58. 2006.
9,ビデオ情報によるAlberta Infant Motor Scaleの信頼性に関する研究.理学療法科学.21:137-141,2006.
10,Aberrant Behavior Checklistの紹介.理学療法科学.23: 551-554,2008.
11,The Reliability and Validity of the Alberta Infant Motor Scale in Japan. Journal of Physical Therapy Science.20:169-175, 2008.
12,本邦におけるAlberta Infant Motor ScaleのPercentile ranksの調査.理学療法科学.24:5-19,2009.
13.The reliability of Japanese manuals of Aberrant Behavior Checklist in the Daycare Center for handicapped children . Journal of Physical Therapy Science22:57-59.2010.
14.What problematic behaviors are observed among persons receiving Pediatric physical therapy?.Journal of Physical Therapy Science22:387-390,2010
15.Research of healthy children’s motor development using the Alberta Infant Motor Scale.Journal of Physical TherapyScience23:613-615,2011
16.Comparing problematic behavior assessment of physical and occupational therapists.Journal of Physical Therapy24:523-525,2012 Science
17.Examining the intra-rater reliability of the Japanese version of the Aberrant Behavior Checklist used for handicapped childrenJournal of Physical TherapyTherapy24:1115-1117,2012
18.Comparison of problematic behavior according to Ryouiku Techou standard.Journal of Physical Therapy Science25.877-880.2013
19.Relationships between gross motor abilities and problematic behaviors of handicapped children in different age groups. Journal of Physical Therapy Science26.1907-1909.2014
20.Relationships between problematic behaviors and motor abilities of children with cerebral palsy.Physical TherapyTherapy27.2963-2964

学会発表

2009年以降筆頭
・第44 回日本理学療法学術大会(東京都)
・11thInternational congress of Asia confederation for physical therapy.
(インドネシア)
・第45 回日本理学療法学術大会(岐阜県)
・第46 回日本理学療法学術大会(宮崎県)
・9th international meeting of physical therapy science.(中国)
・第47 回日本理学療法学術大会(兵庫県)
・第48 回日本理学療法学術大会(愛知県)
・日本発達障害大会 第47 回研究大会(神奈川県)
・International Association for the Scientific Study of Intellectual and
Developmental Disabilities (東京)
・WCPT-AWP & ACPT Congress (台湾)
・第49 回日本理学療法学術大会(神奈川県)
・日本発達障害大会 第48 回研究大会(宮城県)
・第1 回日本小児理学療法学術大会(北海道)
・第50 回日本理学療法学術大会(東京都)
・第51 回日本理学療法学術大会(北海道)

所属学会

日本理学療法士協会
日本ボバース研究会

受賞や表彰など

第15回理学療法ジャーナル「奨励賞」

社会活動

講演
(研究者、
医療機関従事者、
学校関係者向け)

平成30年2月20日京都橘大学レジリエンス・プロジェクト研究報告会/学外研究員
平成30年12月2日大阪府理学療法士協会生涯学習講習会で「理学療法評価・治療に活かす人間発達 アルバータ乳幼児運動発達検査法」の講演
令和元年8月4日鹿児島県理学療法士協会小児系研修会で「臨床に役立つ小児発達評価「AIMS」乳幼児の運動発達検査法」の講演
令和元年9月1日静岡県理学療法士協会中神経系専門部小児研修会で「理学療法評価・治療に活かす人間発達 アルバータ乳幼児運動発達検査法」の講演(予定)