専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科
准教授
岩瀬 弘明
イワセ ヒロアキ

学位
授業担当科目

理学療法基礎論、ヘルスプロモーション学、ヘルスプロモーション学演習、義肢学演習、研究法セミナー、臨床実習

研究テーマ

ヘルスプロモーションに関する研究
サルコペニアに関する研究

研究活動

著 書

■PT入門 イラストでわかる理学療法概論.医歯薬出版株式会社,2020.[共著]

論 文

■地域在住女性高齢者の主観的健康感に及ぼす痛みの影響.健康支援,2020,22(1):27-33.[共著]
■地域在住高齢者における閉じこもり調査 身体機能、身体組成、認知・精神心理機能の特徴.ヘルスプロモーション理学療法研究,2020,9(4):195-200.[共著]
■地域在住女性高齢者のヘルスリテラシーと身体機能,心理機能,運動習慣との関連について-傾向スコア法による検証 .ヘルスプロモーション理学療法研究,2020,9(2):59-63.[共著]
■プレサルコペニア高齢者の歩行速度と身体機能・認知機能との関連.ヘルスプロモーション理学療法研究,2019,9(2):53-58.[共著]
■小学6年生における足部および足趾に関する実態調査.体育の科学.2019,69(10):767-771.[共著]
■通所介護施設を利用する高齢者の浮き趾と身体特性,身体組成および身体機能との関連 .保健の科学,2019,61(7):491-495.[共著]
■腰椎アライメントに着目した腰痛学級が腰痛者および腰痛既往者の身体機能・精神心理機能に与える効果の検証.保健の科学,61(3):205-211.[共著]
■地域在住高齢者におけるプレサルコペニアの身体・認知・心理機能特性.健康支援,2019,21(1):11-17.[共著]
■Correlations between physical performance and muscle mass, strength, and quality in obese and normal-weight community-dwelling older Japanese women.Asian journal of gerontology and geriatrics 14(2) [共著]
■腰椎アライメントに着目した腰痛学級が腰痛者および腰痛既往者の身体機能・精神心理機能に与える効果の検証.保健の科学,2019,61(3):205-211.[共著]
■高齢者における歩行調整能力の違いによる身体的特徴.ヘルスプロモーション理学療法研究,2019,8(4):169-173.[共著]
■腰痛予防教室に参加した地域在住女性高齢者の慢性腰痛に影響を与える心理的因子.ヘルスプロモーション理学療法研究,2019,8(4):175-179.[共著]
■Temporal characteristics of imagined and actual walking in frail older adults.Aging clinical and experimental research,2018,30(12) :1453-1457.[共著]
■Physical Characteristics Vary According to Body Mass Index in Japanese Community-Dwelling Elderly Women.Geriatrics,2018,3(4):87.[共著]
■新しい動的バランステスト“ロンブステスト”の再現性と妥当性の検討.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(3):107-112.[共著]
■重症心身障害児(者)のBIA法による身体組成評価.健康支援,2018,20(2):211-215.[共著]
■Effect of skeletal muscle and fat mass on muscle strength in the elderly.Healthcare,2018,6(3):piiE72.[共著]
■地域在住女性高齢者の最速歩行時の歩行パラメータと身体機能との関連.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(2):65-70.[共著]
■高齢者における僧帽筋の筋硬度が肩甲骨運動におよぼす影響.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(2):47-50.[共著]
■地域在住女性高齢者の浮き趾と身体機能との関係.地域リハビリテーション,2018,13(5):383-387.[共著]
■虚弱高齢者の身体機能と精神・認知機能について-要支援高齢者と軽度要介護高齢者の比較-.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(1):35-38.[共著]
■虚弱高齢者の歩行パラメータと身体・認知・精神機能との関連-要支援・軽度要介護高齢者を対象とした研究-.保健の科学,2018,60(1):61-66.[共著]
■膝内反軽減シューズが変形性膝関節症患者の歩行に及ぼす影響.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,7(4):195-198.[共著]
■脳血管障害患者に対する長下肢装具導入までの日数と麻痺側運動機能およびFIM変化率との関係.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,7(4):185-190.[共著]
■女性高齢者の外変母趾に影響を及ぼす要因の検討.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,7(4):165-169.[共著]

学会発表

■脳疾患既往者における自動車運転再開支援プログラム卒業後の追跡調査-健常ドライバーとの比較を加えて-.第4回日本安全運転・医療研究会/福井県福井市.[共著]
■Effectiveness of back school versus brain school for elderly with chronic low back pain.13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress/Kobe, Japan.[共著]
■転倒リスクが異なる高齢者におけるイメージ歩行と実歩行の時間的特性.第8回日本ヘルスプロモーション理学療法学会学術集会/長崎県長崎市.[共著]
■活動性の高い地域在住女性高齢者のプレフレイルの出現率と関連因子の検討.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■地域在住高齢者におけるプレサルコペニアの身体・認知・心理機能特性.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■腰痛者を訴える地域在住高齢者への身体活動量増加を目的とした介入効果の検証.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■腰痛者および腰痛既往者に向けた不良姿勢に対する介入効果の検証.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■女性高齢者の浮き趾と身体機能との関係.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]

専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科准教授
岩瀬 弘明
イワセ ヒロアキ

学位
授業担当科目理学療法基礎論、ヘルスプロモーション学、ヘルスプロモーション学演習、義肢学演習、研究法セミナー、臨床実習
研究テーマヘルスプロモーションに関する研究 サルコペニアに関する研究

研究活動

著 書

■PT入門 イラストでわかる理学療法概論.医歯薬出版株式会社,2020.[共著]

論 文

■地域在住女性高齢者の主観的健康感に及ぼす痛みの影響.健康支援,2020,22(1):27-33.[共著]
■地域在住高齢者における閉じこもり調査 身体機能、身体組成、認知・精神心理機能の特徴.ヘルスプロモーション理学療法研究,2020,9(4):195-200.[共著]
■地域在住女性高齢者のヘルスリテラシーと身体機能,心理機能,運動習慣との関連について-傾向スコア法による検証 .ヘルスプロモーション理学療法研究,2020,9(2):59-63.[共著]
■プレサルコペニア高齢者の歩行速度と身体機能・認知機能との関連.ヘルスプロモーション理学療法研究,2019,9(2):53-58.[共著]
■小学6年生における足部および足趾に関する実態調査.体育の科学.2019,69(10):767-771.[共著]
■通所介護施設を利用する高齢者の浮き趾と身体特性,身体組成および身体機能との関連 .保健の科学,2019,61(7):491-495.[共著]
■腰椎アライメントに着目した腰痛学級が腰痛者および腰痛既往者の身体機能・精神心理機能に与える効果の検証.保健の科学,61(3):205-211.[共著]
■地域在住高齢者におけるプレサルコペニアの身体・認知・心理機能特性.健康支援,2019,21(1):11-17.[共著]
■Correlations between physical performance and muscle mass, strength, and quality in obese and normal-weight community-dwelling older Japanese women.Asian journal of gerontology and geriatrics 14(2) [共著]
■腰椎アライメントに着目した腰痛学級が腰痛者および腰痛既往者の身体機能・精神心理機能に与える効果の検証.保健の科学,2019,61(3):205-211.[共著]
■高齢者における歩行調整能力の違いによる身体的特徴.ヘルスプロモーション理学療法研究,2019,8(4):169-173.[共著]
■腰痛予防教室に参加した地域在住女性高齢者の慢性腰痛に影響を与える心理的因子.ヘルスプロモーション理学療法研究,2019,8(4):175-179.[共著]
■Temporal characteristics of imagined and actual walking in frail older adults.Aging clinical and experimental research,2018,30(12) :1453-1457.[共著]
■Physical Characteristics Vary According to Body Mass Index in Japanese Community-Dwelling Elderly Women.Geriatrics,2018,3(4):87.[共著]
■新しい動的バランステスト“ロンブステスト”の再現性と妥当性の検討.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(3):107-112.[共著]
■重症心身障害児(者)のBIA法による身体組成評価.健康支援,2018,20(2):211-215.[共著]
■Effect of skeletal muscle and fat mass on muscle strength in the elderly.Healthcare,2018,6(3):piiE72.[共著]
■地域在住女性高齢者の最速歩行時の歩行パラメータと身体機能との関連.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(2):65-70.[共著]
■高齢者における僧帽筋の筋硬度が肩甲骨運動におよぼす影響.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(2):47-50.[共著]
■地域在住女性高齢者の浮き趾と身体機能との関係.地域リハビリテーション,2018,13(5):383-387.[共著]
■虚弱高齢者の身体機能と精神・認知機能について-要支援高齢者と軽度要介護高齢者の比較-.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,8(1):35-38.[共著]
■虚弱高齢者の歩行パラメータと身体・認知・精神機能との関連-要支援・軽度要介護高齢者を対象とした研究-.保健の科学,2018,60(1):61-66.[共著]
■膝内反軽減シューズが変形性膝関節症患者の歩行に及ぼす影響.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,7(4):195-198.[共著]
■脳血管障害患者に対する長下肢装具導入までの日数と麻痺側運動機能およびFIM変化率との関係.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,7(4):185-190.[共著]
■女性高齢者の外変母趾に影響を及ぼす要因の検討.ヘルスプロモーション理学療法研究,2018,7(4):165-169.[共著]

学会発表

■脳疾患既往者における自動車運転再開支援プログラム卒業後の追跡調査-健常ドライバーとの比較を加えて-.第4回日本安全運転・医療研究会/福井県福井市.[共著]
■Effectiveness of back school versus brain school for elderly with chronic low back pain.13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress/Kobe, Japan.[共著]
■転倒リスクが異なる高齢者におけるイメージ歩行と実歩行の時間的特性.第8回日本ヘルスプロモーション理学療法学会学術集会/長崎県長崎市.[共著]
■活動性の高い地域在住女性高齢者のプレフレイルの出現率と関連因子の検討.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■地域在住高齢者におけるプレサルコペニアの身体・認知・心理機能特性.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■腰痛者を訴える地域在住高齢者への身体活動量増加を目的とした介入効果の検証.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■腰痛者および腰痛既往者に向けた不良姿勢に対する介入効果の検証.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]
■女性高齢者の浮き趾と身体機能との関係.第19回 日本健康支援学会年次学術大会/京都府京都市.[共著]