専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科
准教授
宮本 明
ミヤモト アキラ

学位医学博士
学歴2014. 札幌医科大学    保健医療学部理学療法学科卒業(保健医療学学士)2016. 札幌医科大学大学院 保健医療学研究科修士課程修了(保健医療学修士) 2011. 札幌医科大学大学院 医学系研究科博士課程修了  (医学博士)
職歴

2006. 北海道文教大学 人間科学部       理学療法学科 助手
2010. 国立大学法人  山口大学大学院     医学研究科  助教
2013. 神戸国際大学  リハビリテーション学部 理学療法学科 准教授

授業担当科目

内部障害理学療法学、高齢者理学療法学

研究テーマ

内部障害理学療法、高齢者理学療法、Manual therapy、その他

メールアドレスamiyamoto@kobe-kiu.ac.jp
学生へのメッセージ

千里の道も一歩から

研究活動

著 書

1) 外傷治癒過程からみた関節可動域制限のとらえ方,実践MOOK・理学療法プラクティス関節可動域制限.文光堂,東京,2009
2) Parkinson's Disease: Diagnosis, reatment and Prognosis.Nova Science Publishers
Hauppauge, NY,2011
3)吞咽障碍患者呼吸功能的评估, 吞咽障碍评估技术. 電子工業出版, 北京, 2017
4)姿势治疗, 吞咽障碍康复技术, 電子工業出版, 北京, 2017
5)呼吸与咳嗽功能训练技术, 吞咽障碍康复技术, 電子工業出版, 北京, 2017

論 文

1) Anatomical variations in the stylopharyngeus muscle insertion suggested interindividual and left/right differences in pharyngeal clearance function of elderly patients: a cadaveric study.Dysphagia 23(3),251-7,2008
2) Gliding Distance of the Extensor Pollicis Longus Tendon with Respect to Wrist Positioning: Observation in the Hands of Healthy Volunteers Using High-Resolution Ultrasonography.Hand Therapy22(1):44-8,2009
3) Relationship between dysphagia and depressive states in patients with Parkinson's disease. Journal of Parkinson Relat Disord. Parkinsonism and Related Disorders 17:437-9, 2011
4) Clinical Advantages of Eating Positions ofthe Mid-Neck on Swallowing Function.Journal of Physical Therapy Science.837-40,2012
5) Relationships between problematic behaviors and motor abilities of children with cerebral palsy. J. Phys. Ther. Sci.27: 2963-64, 2015
6) Effect of Whole body vibration training on trunk muscle strength and physical. p2963?2964performance in 2 healthy adults: Preliminary results of a randomized controlled trial. J Sport Rehabil: 25(4):357-363, 2016

専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科准教授
宮本 明
ミヤモト アキラ

学位医学博士
学歴2014. 札幌医科大学    保健医療学部理学療法学科卒業(保健医療学学士)2016. 札幌医科大学大学院 保健医療学研究科修士課程修了(保健医療学修士) 2011. 札幌医科大学大学院 医学系研究科博士課程修了  (医学博士)
職歴2006. 北海道文教大学 人間科学部       理学療法学科 助手 2010. 国立大学法人  山口大学大学院     医学研究科  助教 2013. 神戸国際大学  リハビリテーション学部 理学療法学科 准教授
授業担当科目内部障害理学療法学、高齢者理学療法学
研究テーマ内部障害理学療法、高齢者理学療法、Manual therapy、その他
メールアドレスamiyamoto@kobe-kiu.ac.jp
学生へのメッセージ

千里の道も一歩から

研究活動

著 書

1) 外傷治癒過程からみた関節可動域制限のとらえ方,実践MOOK・理学療法プラクティス関節可動域制限.文光堂,東京,2009
2) Parkinson's Disease: Diagnosis, reatment and Prognosis.Nova Science Publishers
Hauppauge, NY,2011
3)吞咽障碍患者呼吸功能的评估, 吞咽障碍评估技术. 電子工業出版, 北京, 2017
4)姿势治疗, 吞咽障碍康复技术, 電子工業出版, 北京, 2017
5)呼吸与咳嗽功能训练技术, 吞咽障碍康复技术, 電子工業出版, 北京, 2017

論 文

1) Anatomical variations in the stylopharyngeus muscle insertion suggested interindividual and left/right differences in pharyngeal clearance function of elderly patients: a cadaveric study.Dysphagia 23(3),251-7,2008
2) Gliding Distance of the Extensor Pollicis Longus Tendon with Respect to Wrist Positioning: Observation in the Hands of Healthy Volunteers Using High-Resolution Ultrasonography.Hand Therapy22(1):44-8,2009
3) Relationship between dysphagia and depressive states in patients with Parkinson's disease. Journal of Parkinson Relat Disord. Parkinsonism and Related Disorders 17:437-9, 2011
4) Clinical Advantages of Eating Positions ofthe Mid-Neck on Swallowing Function.Journal of Physical Therapy Science.837-40,2012
5) Relationships between problematic behaviors and motor abilities of children with cerebral palsy. J. Phys. Ther. Sci.27: 2963-64, 2015
6) Effect of Whole body vibration training on trunk muscle strength and physical. p2963?2964performance in 2 healthy adults: Preliminary results of a randomized controlled trial. J Sport Rehabil: 25(4):357-363, 2016