専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科
助教
秋月 千典
アキヅキ カズノリ

学位博士(保健医療科学)
学歴2015年3月 茨城県立医療大学大学院保健医療科学研究科博士後期課程保健医療科学専攻 修了
職歴

2018年4月 - 現在 神戸国際大学 リハビリテーション学部理学療法学科 助教
2014年5月 - 2018年3月 目白大学 保健医療学部理学療法学科 助教
2011年4月 - 2014年4月 三郷中央総合病院 リハビリテーション技術科 理学療法士
2009年4月 - 2011年3月 茨城県立医療大学付属病院 リハビリテーション部理学療法科

授業担当科目

理学療法評価学演習A
スポーツ障害治療学・演習
理学療法基礎論A・B・C・D
研究法セミナーA・B
卒業研究
臨床実習
海外研修A

研究テーマ

運動制御・運動学習
運動学習理論の応用(臨床・教育)
高齢者の転倒予防

メールアドレスakizuki@kobe-kiu.ac.jp
URLhttps://researchmap.jp/Kazunori_Akizuki/
学生へのメッセージ

目標に向かって共に頑張りましょう。

研究活動

著 書

1. 大橋ゆかり, 秋月千典. 課題指向型トレーニングと運動制御および運動学習の理論的背景. 脳卒中患者に対する課題指向型トレーニング, 潮見泰藏(編), 文光堂, 2015.
2. 秋月千典. 脳卒中理学療法の背景理論とその臨床応用. 脳卒中に対する標準的理学療法介入第2版, 潮見泰藏(編), 文光堂, 2017.

論 文

1. Akizuki K, Ohashi Y. Changes in practice schedule and functional task difficulty: a study using the probe reaction time technique. Journal of physical therapy science, 25(7), 827-831, 2013.

2. 秋月千典, 大橋ゆかり. KR付与方法が運動学習の成果及び機能的課題難易度に与える影響. 日本生理人類学会誌, 18(4), 171-179, 2013.

3. Akizuki K, Yazaki S, Echizenya Y, Ohashi Y. Anaerobic threshold and salivary α-amylase during incremental exercise. Journal of physical therapy science, 26(7), 1059-1063, 2014.

4. 越前谷友樹, 秋月千典. Mini-Balance Evaluation Systems Testによる転倒患者のバランス障害因子の検討. 理学療法科学, 29(5), 693-697, 2014.

5. Akizuki K, Ohashi Y. Salivary α-amylase reflects change in attentional demands during postural control: comparison with probe reaction time. Research quarterly for exercise and sport, 85(4), 502-508, 2014.

6. 金井欣秀, 山本良平, 秋月千典, 中野渉, 大橋ゆかり. ダウン症児・者における歩行比の成長的変化. 理学療法科学, 30(2), 167-170, 2015.

7. Nakano W, Fukaya T, Kanai Y, Akizuki K, Ohashi Y. Effects of temporal constraints on medio-lateral stability when negotiating obstacles. Gait & posture, 42(2), 158-164, 2015.

8. Akizuki K, Ohashi Y. Measurement of functional task difficulty during motor learning: What level of difficulty corresponds to the optimal challenge point?. Human movement science, 43, 107-117, 2015.

9. Akizuki K, Yamaguchi K, Morita Y, Ohashi Y. The effect of proficiency level on measurement error of range of motion. Journal of physical therapy science, 28(9), 2644-2651, 2016.

10. 金野達也, 佐藤彰紘, 矢﨑潔, 森田良文, 柴垣浩明, 秋月千典. 把持力調整能力評価法の測定誤差の検討. 理学療法科学, 32(1), 117-121, 2017.

11. 秋月千典, 大橋ゆかり. 理学療法学科学生を対象とした心肺蘇生技能の定量的評価. 目白大学健康科学研究, 10, 33-40, 2017.

12. 矢野秀典, 小川大輔, 秋月千典. 大学入学前教育としてのe-learningの導入効果. 人と教育, (11), 23-27, 2017.

13. Kaneno T, Sato A, Akizuki K, Yamaguchi A, Yasaki K, Morita Y. Assessing the adjustability of grasping force using the iWakka in elderly individuals. Journal of physical therapy science, 29(12), 2215-2219, 2017.

14. 秋月千典, 金井欣秀, 大橋ゆかり. 遂行結果がフィードバックされる装置を用いた心肺蘇生練習の短期的および長期的効果の検証. リハビリテーション教育研究, 24, 108-109, 2018.

15. Akizuki K, Echizenya Y, Kaneno T, Yabuki J, Ohashi Y. Dynamic balance assessment using an unstable board in community-dwelling elderly people. Journal of physical therapy science, 30(8), 1086-1091, 2018.

16. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典. Trail Making Testの測定方法の違いによる測定誤差の検討. 作業療法, 37(4), 385-391, 2018.

17. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典, 木口尚人, 矢吹惇, 山口絢梨沙, 越前谷友樹, 柴田聡. 手関節肢位が把握力調整能力に与える影響. リハビリテーション・エンジニアリング, 33(4), 147-153, 2018.

18. 秋月千典, 金野達也, 柴田聡, 越前谷友樹, 矢吹惇, 大橋ゆかり. Figure-of-8 Walk Testによる地域在住高齢者の転倒リスク評価―Timed Up & Go Testとの比較―. 神戸国際大学紀要, 96, 39-46, 2018.

19. Akizuki K, Echizenya Y, Kaneno T, Ohashi Y. Usefulness of an unstable board balance test to accurately identify community-dwelling elderly individuals with a history of falls. Journal of rehabilitation medicine, 51(1), 71-76, 2019.

20. Akizuki K, Yamamoto R, Yamaguchi K, Yabuki J, Ohashi Y. The effects of feedback timing and frequency on the acquisition of cardiopulmonary resuscitation skills of health sciences undergraduate students: a 2 x 2 factorial quasi randomized study. PLoS ONE, 14(7), e0220004, 2019.

21. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典. 健常高齢者の把握力調整能力の特性. リハビリテーション・エンジニアリング, 34(4), in press.

22. 柴田聡, 秋月千典, 金野達也, 越前谷友樹. 地域在住高齢者に対するバランス能力評価としてのStar Excursion Balance Testの妥当性. 体力科学, 68(6), in press.

23. Kaneno T, Ito M, Kiguchi N, Sato A, Akizuki K, Yabuki J, Echizenya Y, Shibata S. A comparative study of adjustability of grasping force between young people and elderly individuals. Asian journal of occupational therapy, in press.

24. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典, 柴田聡. 地域在住高齢者における生活の不自由感とIADLとの関係. 埼玉作業療法研究, in press.

25. Yamamoto R, Akizuki K, Kanai Y, Nakano W, Kobayashi Y, Ohashi Y. Differences in skill level influence the effects of visual feedback on motor learning. Journal of physical therapy science, in press.

学会の特別講演

運動学習理論に基づいた技能獲得のための方法論. 第85回理学療法科学学会学術大会, 2016年11月5日.

学会発表

(筆頭のみ掲載)
1. 秋月千典. 視床出血により重度感覚障害を呈した症例に対する理学療法経験. 理学療法いばらき, 13(1), 110, 2009.
2. 秋月千典, 大橋ゆかり. 小脳出血患者に対する理学療法経験―課題特異性に着目したアプローチを通して―.
理学療法いばらき, 14(1), 104, 2010.
3. 秋月千典, 大橋ゆかり. 課題の配置方法により運動学習過程における注意需要の変化は異なるか. 第47回日本理学療法学術大会 (兵庫), 2012.
4. 秋月千典, 大橋ゆかり. KR付与方法が運動学習の成果及び課題の注意需要に与える影響. 第31回関東甲信越ブロック理学療法士学会(埼玉), 2012.
5. 秋月千典, 矢崎祥一郎, 越前谷友樹, 大橋ゆかり. 唾液アミラーゼ活性を用いたATの推定. 第48回日本理学療法学術大会 (愛知), 2013.
6. Akizuki K, Ohashi Y. Salivary alpha‐amylase reflects changes in attentional demand during postural control. 6th WCPT-AWP & 12th ACPT Congress 2013 (Taichung, Taiwan), 2013.
7. 秋月千典, 金井欣秀, 中野渉, 山本良平, 矢吹惇, 大橋ゆかり. 運動学習における最適な課題難易度の定量的評価. 第50 回日本理学療法学術大会(東京), 2015.
8. 秋月千典, 山口和人, 荒井智康, 金井欣秀, 大橋ゆかり. 関節可動域測定の測定誤差に習熟度が与える影響. 第52回日本理学療法学術大会(千葉), 2017.
9. 秋月千典. バランス課題における最適な難易度の定量的評価とその最適値の解明. 専門理学療法士(基礎)必須発表会(長崎), 2017.
10. 秋月千典, 金井欣秀, 大橋ゆかり. 遂行結果がフィードバックされる装置を用いた心肺蘇生練習の短期的および長期的効果の検証. 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟), 2017.
11. 秋月千典, 越前谷友樹, 金野達也, 矢吹惇, 大橋ゆかり. 転倒ハイリスク高齢者の早期発見方法の開発に向けた取り組み―不安定板を用いた動的バランス測定による検討―. リハビリテーション・ケア合同研究大会(久留米), 2017.
12. 秋月千典, 越前谷友樹, 柴田聡, 金野達也, 大橋ゆかり. 地域在住高齢者を対象とした不安定板バランステストの転倒経験判別能について. 第26回埼玉県理学療法学会(大宮), 2018.
13. 秋月千典, 山本良平, 山口和人, 矢吹惇, 大橋ゆかり. 外部装置によるフィードバックの与え方が心肺蘇生技能の学習に与える影響. 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会(仙台), 2018.
14. Akizuki K, Kaneno T, Shibata S, Echizenya Y, Yabuki J, Yamamoto R, Yamaguchi K, Ohashi Y. Figure-of-8 walk test at maximum walking speed more accurately identifies elderly individuals with a history of falls than timed up and go test. 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (Kobe, Japan), 2019.

所属学会

日本理学療法士協会
理学療法科学学会
日本物理療法学会
日本スポーツ心理学会

受賞や表彰など

2014年4月. Society of Physical Therapy Science 2013 Excellent Paper Award.

その他

■ 認定理学療法士(ひとを対象とした基礎領域)(1-27)
■ 専門理学療法士(基礎理学療法専門分野)(2018S-01-000004)

------------------------------------------------------------

【競争的資金等の研究課題】
■ 高齢者の能力にあわせて難易度が調整できる新たなバランストレーニングの開発. 日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金 (若手研究). 代表者:秋月千典. 研究期間:2018年4月-2021年3月.
■ 学習者の課題遂行成績に応じた可変性フィードバック付与の有効性に関する検討. 埼玉県理学療法士会: 埼玉県理学療法士会研究推進研究費. 代表者: 矢吹惇. 研究期間: 2016年4月-2017年1月.
■ 関節可動域テストの正確さと再現性に習熟度が与える影響の検討. 理学療法科学学会: 平成27年度研究助成(一般助成研究). 代表者: 秋月千典. 研究期間: 2015年7月-2016年3月.

社会活動

講演
(研究者、
医療機関従事者、
学校関係者向け)

■ 脳卒中患者に対する理学療法と運動学習理論―課題難易度と動機づけ―. 船橋市立リハビリテーション病院, 2017年11月18日.
■ Challenge point framework. 第35回講習会(Q. o. A. A.), 2014年9月21日.
■ 運動制御と運動学習. 運動制御と運動学習の勉強会(北九州臨床リハビリテーション勉強会 北九州運動学習基礎勉強会 共同主催), 2013年6月23日.

■ 平成29年度埼玉県理学療法士会新人研修会講師(第1回、第3回、第4回)
■ 平成28年度埼玉県理学療法士会新人研修会講師(第1回、第3回、第4回)
■ 平成27年度埼玉県理学療法士会新人研修会講師(第1回、第4回)

その他

■ 2015年9月6日-2018年3月31日 日本糖尿病理学療法学会 総務部会 部員
■ 2014年5月1日-2018年3月31日 埼玉県理学療法士会 新人教育部員

専任 / リハビリテーション学部 理学療法学科助教
秋月 千典
アキヅキ カズノリ

学位博士(保健医療科学)
学歴2015年3月 茨城県立医療大学大学院保健医療科学研究科博士後期課程保健医療科学専攻 修了
職歴2018年4月 - 現在 神戸国際大学 リハビリテーション学部理学療法学科 助教 2014年5月 - 2018年3月 目白大学 保健医療学部理学療法学科 助教 2011年4月 - 2014年4月 三郷中央総合病院 リハビリテーション技術科 理学療法士 2009年4月 - 2011年3月 茨城県立医療大学付属病院 リハビリテーション部理学療法科
授業担当科目理学療法評価学演習A スポーツ障害治療学・演習 理学療法基礎論A・B・C・D 研究法セミナーA・B 卒業研究 臨床実習 海外研修A
研究テーマ運動制御・運動学習 運動学習理論の応用(臨床・教育) 高齢者の転倒予防
メールアドレスakizuki@kobe-kiu.ac.jp
URLhttps://researchmap.jp/Kazunori_Akizuki/
学生へのメッセージ

目標に向かって共に頑張りましょう。

研究活動

著 書

1. 大橋ゆかり, 秋月千典. 課題指向型トレーニングと運動制御および運動学習の理論的背景. 脳卒中患者に対する課題指向型トレーニング, 潮見泰藏(編), 文光堂, 2015.
2. 秋月千典. 脳卒中理学療法の背景理論とその臨床応用. 脳卒中に対する標準的理学療法介入第2版, 潮見泰藏(編), 文光堂, 2017.

論 文

1. Akizuki K, Ohashi Y. Changes in practice schedule and functional task difficulty: a study using the probe reaction time technique. Journal of physical therapy science, 25(7), 827-831, 2013.

2. 秋月千典, 大橋ゆかり. KR付与方法が運動学習の成果及び機能的課題難易度に与える影響. 日本生理人類学会誌, 18(4), 171-179, 2013.

3. Akizuki K, Yazaki S, Echizenya Y, Ohashi Y. Anaerobic threshold and salivary α-amylase during incremental exercise. Journal of physical therapy science, 26(7), 1059-1063, 2014.

4. 越前谷友樹, 秋月千典. Mini-Balance Evaluation Systems Testによる転倒患者のバランス障害因子の検討. 理学療法科学, 29(5), 693-697, 2014.

5. Akizuki K, Ohashi Y. Salivary α-amylase reflects change in attentional demands during postural control: comparison with probe reaction time. Research quarterly for exercise and sport, 85(4), 502-508, 2014.

6. 金井欣秀, 山本良平, 秋月千典, 中野渉, 大橋ゆかり. ダウン症児・者における歩行比の成長的変化. 理学療法科学, 30(2), 167-170, 2015.

7. Nakano W, Fukaya T, Kanai Y, Akizuki K, Ohashi Y. Effects of temporal constraints on medio-lateral stability when negotiating obstacles. Gait & posture, 42(2), 158-164, 2015.

8. Akizuki K, Ohashi Y. Measurement of functional task difficulty during motor learning: What level of difficulty corresponds to the optimal challenge point?. Human movement science, 43, 107-117, 2015.

9. Akizuki K, Yamaguchi K, Morita Y, Ohashi Y. The effect of proficiency level on measurement error of range of motion. Journal of physical therapy science, 28(9), 2644-2651, 2016.

10. 金野達也, 佐藤彰紘, 矢﨑潔, 森田良文, 柴垣浩明, 秋月千典. 把持力調整能力評価法の測定誤差の検討. 理学療法科学, 32(1), 117-121, 2017.

11. 秋月千典, 大橋ゆかり. 理学療法学科学生を対象とした心肺蘇生技能の定量的評価. 目白大学健康科学研究, 10, 33-40, 2017.

12. 矢野秀典, 小川大輔, 秋月千典. 大学入学前教育としてのe-learningの導入効果. 人と教育, (11), 23-27, 2017.

13. Kaneno T, Sato A, Akizuki K, Yamaguchi A, Yasaki K, Morita Y. Assessing the adjustability of grasping force using the iWakka in elderly individuals. Journal of physical therapy science, 29(12), 2215-2219, 2017.

14. 秋月千典, 金井欣秀, 大橋ゆかり. 遂行結果がフィードバックされる装置を用いた心肺蘇生練習の短期的および長期的効果の検証. リハビリテーション教育研究, 24, 108-109, 2018.

15. Akizuki K, Echizenya Y, Kaneno T, Yabuki J, Ohashi Y. Dynamic balance assessment using an unstable board in community-dwelling elderly people. Journal of physical therapy science, 30(8), 1086-1091, 2018.

16. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典. Trail Making Testの測定方法の違いによる測定誤差の検討. 作業療法, 37(4), 385-391, 2018.

17. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典, 木口尚人, 矢吹惇, 山口絢梨沙, 越前谷友樹, 柴田聡. 手関節肢位が把握力調整能力に与える影響. リハビリテーション・エンジニアリング, 33(4), 147-153, 2018.

18. 秋月千典, 金野達也, 柴田聡, 越前谷友樹, 矢吹惇, 大橋ゆかり. Figure-of-8 Walk Testによる地域在住高齢者の転倒リスク評価―Timed Up & Go Testとの比較―. 神戸国際大学紀要, 96, 39-46, 2018.

19. Akizuki K, Echizenya Y, Kaneno T, Ohashi Y. Usefulness of an unstable board balance test to accurately identify community-dwelling elderly individuals with a history of falls. Journal of rehabilitation medicine, 51(1), 71-76, 2019.

20. Akizuki K, Yamamoto R, Yamaguchi K, Yabuki J, Ohashi Y. The effects of feedback timing and frequency on the acquisition of cardiopulmonary resuscitation skills of health sciences undergraduate students: a 2 x 2 factorial quasi randomized study. PLoS ONE, 14(7), e0220004, 2019.

21. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典. 健常高齢者の把握力調整能力の特性. リハビリテーション・エンジニアリング, 34(4), in press.

22. 柴田聡, 秋月千典, 金野達也, 越前谷友樹. 地域在住高齢者に対するバランス能力評価としてのStar Excursion Balance Testの妥当性. 体力科学, 68(6), in press.

23. Kaneno T, Ito M, Kiguchi N, Sato A, Akizuki K, Yabuki J, Echizenya Y, Shibata S. A comparative study of adjustability of grasping force between young people and elderly individuals. Asian journal of occupational therapy, in press.

24. 金野達也, 佐藤彰紘, 秋月千典, 柴田聡. 地域在住高齢者における生活の不自由感とIADLとの関係. 埼玉作業療法研究, in press.

25. Yamamoto R, Akizuki K, Kanai Y, Nakano W, Kobayashi Y, Ohashi Y. Differences in skill level influence the effects of visual feedback on motor learning. Journal of physical therapy science, in press.

学会の特別講演

運動学習理論に基づいた技能獲得のための方法論. 第85回理学療法科学学会学術大会, 2016年11月5日.

学会発表

(筆頭のみ掲載)
1. 秋月千典. 視床出血により重度感覚障害を呈した症例に対する理学療法経験. 理学療法いばらき, 13(1), 110, 2009.
2. 秋月千典, 大橋ゆかり. 小脳出血患者に対する理学療法経験―課題特異性に着目したアプローチを通して―.
理学療法いばらき, 14(1), 104, 2010.
3. 秋月千典, 大橋ゆかり. 課題の配置方法により運動学習過程における注意需要の変化は異なるか. 第47回日本理学療法学術大会 (兵庫), 2012.
4. 秋月千典, 大橋ゆかり. KR付与方法が運動学習の成果及び課題の注意需要に与える影響. 第31回関東甲信越ブロック理学療法士学会(埼玉), 2012.
5. 秋月千典, 矢崎祥一郎, 越前谷友樹, 大橋ゆかり. 唾液アミラーゼ活性を用いたATの推定. 第48回日本理学療法学術大会 (愛知), 2013.
6. Akizuki K, Ohashi Y. Salivary alpha‐amylase reflects changes in attentional demand during postural control. 6th WCPT-AWP & 12th ACPT Congress 2013 (Taichung, Taiwan), 2013.
7. 秋月千典, 金井欣秀, 中野渉, 山本良平, 矢吹惇, 大橋ゆかり. 運動学習における最適な課題難易度の定量的評価. 第50 回日本理学療法学術大会(東京), 2015.
8. 秋月千典, 山口和人, 荒井智康, 金井欣秀, 大橋ゆかり. 関節可動域測定の測定誤差に習熟度が与える影響. 第52回日本理学療法学術大会(千葉), 2017.
9. 秋月千典. バランス課題における最適な難易度の定量的評価とその最適値の解明. 専門理学療法士(基礎)必須発表会(長崎), 2017.
10. 秋月千典, 金井欣秀, 大橋ゆかり. 遂行結果がフィードバックされる装置を用いた心肺蘇生練習の短期的および長期的効果の検証. 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟), 2017.
11. 秋月千典, 越前谷友樹, 金野達也, 矢吹惇, 大橋ゆかり. 転倒ハイリスク高齢者の早期発見方法の開発に向けた取り組み―不安定板を用いた動的バランス測定による検討―. リハビリテーション・ケア合同研究大会(久留米), 2017.
12. 秋月千典, 越前谷友樹, 柴田聡, 金野達也, 大橋ゆかり. 地域在住高齢者を対象とした不安定板バランステストの転倒経験判別能について. 第26回埼玉県理学療法学会(大宮), 2018.
13. 秋月千典, 山本良平, 山口和人, 矢吹惇, 大橋ゆかり. 外部装置によるフィードバックの与え方が心肺蘇生技能の学習に与える影響. 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会(仙台), 2018.
14. Akizuki K, Kaneno T, Shibata S, Echizenya Y, Yabuki J, Yamamoto R, Yamaguchi K, Ohashi Y. Figure-of-8 walk test at maximum walking speed more accurately identifies elderly individuals with a history of falls than timed up and go test. 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (Kobe, Japan), 2019.

所属学会

日本理学療法士協会
理学療法科学学会
日本物理療法学会
日本スポーツ心理学会

受賞や表彰など

2014年4月. Society of Physical Therapy Science 2013 Excellent Paper Award.

その他

■ 認定理学療法士(ひとを対象とした基礎領域)(1-27)
■ 専門理学療法士(基礎理学療法専門分野)(2018S-01-000004)

------------------------------------------------------------

【競争的資金等の研究課題】
■ 高齢者の能力にあわせて難易度が調整できる新たなバランストレーニングの開発. 日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金 (若手研究). 代表者:秋月千典. 研究期間:2018年4月-2021年3月.
■ 学習者の課題遂行成績に応じた可変性フィードバック付与の有効性に関する検討. 埼玉県理学療法士会: 埼玉県理学療法士会研究推進研究費. 代表者: 矢吹惇. 研究期間: 2016年4月-2017年1月.
■ 関節可動域テストの正確さと再現性に習熟度が与える影響の検討. 理学療法科学学会: 平成27年度研究助成(一般助成研究). 代表者: 秋月千典. 研究期間: 2015年7月-2016年3月.

社会活動

講演
(研究者、
医療機関従事者、
学校関係者向け)

■ 脳卒中患者に対する理学療法と運動学習理論―課題難易度と動機づけ―. 船橋市立リハビリテーション病院, 2017年11月18日.
■ Challenge point framework. 第35回講習会(Q. o. A. A.), 2014年9月21日.
■ 運動制御と運動学習. 運動制御と運動学習の勉強会(北九州臨床リハビリテーション勉強会 北九州運動学習基礎勉強会 共同主催), 2013年6月23日.

■ 平成29年度埼玉県理学療法士会新人研修会講師(第1回、第3回、第4回)
■ 平成28年度埼玉県理学療法士会新人研修会講師(第1回、第3回、第4回)
■ 平成27年度埼玉県理学療法士会新人研修会講師(第1回、第4回)

その他

■ 2015年9月6日-2018年3月31日 日本糖尿病理学療法学会 総務部会 部員
■ 2014年5月1日-2018年3月31日 埼玉県理学療法士会 新人教育部員