NEWS

2018.11.29

学生の活躍

第10回神戸国際大学グループワークコンテストが開かれました。

11月29日(木)、神戸国際大学グループワークコンテスト・プレゼンテーション大会が開催されました。

今年で10回目を迎えたグループワークコンテストは、ポスターセッションの多数の参加チームの中から厳正なる審査の結果、6組がプレゼンテーション大会の出場チームとして選出。

当日は各チーム緊張のなか、精一杯のプレゼンテーションで研究の成果を発表しました。
質疑応答の時間には鋭い意見が飛びましたが、各チーム懸命に回答しました。

附属高校からは2チームが参加し、大学生に負けない立派なプレゼンを行いました!

審査結果(カッコ内はチーム名)

【優秀賞】

・日本のリサイクルは果たして進んでいるのか?(JANEVE〈ジャネベ〉)

・LGBTを取り巻く現状~6カ国を比較して見えてきた問題と解決案~(レインボー・チャレンジャー)
・理学療法士とAI (神戸国際大学附属高等学校文理特進リハコース)

・若者の旅行離れは本当か!?~若者が求める国内観光~ (ピュアセレクト)

【特別賞】

Earthquake vs Japanese(in 神戸) (震災対策レンジャー)

【奨励賞】

・麻薬の危険性について (警備情報課)

今回も全体のレベルが高く、予定の審査時間をオーバーしてしまうほど、審査員も頭を悩ませていました。

この大会をきっかけに、学問だけでなくプレゼンテーションなど、実践的に役立つ能力の向上を期待します。

当日の様子

附属高校の生徒も立派に発表しました