NEWS

2018.09.13

学生の活躍 社会連携

本学防災救命クラブ(DPLS)の学生が社会福祉協議会主催の子どもたちとの会でボランティアとして参加しました。

9月1日(土)、神戸市東灘区の甲南大学で開かれた「ひがしなだチャイルドフェスティバル」で、本学の防災救命クラブ(DPLS)の学生たちがボランティアとして参加いたしました。

これは、毎年東灘区の社会福祉協議会が主催し、地元の子どもと保護者のつどいで子どもたちの運動をお手伝いするものです。

学生たちは準備の段階から同大学に集まり、教員指導のもと他大学の学生たちと企画を考えてきました。
当日は遊びのブースを運営し、ステージサポートやゲームも積極的に行うなど、子どもたちとの楽しいひと時を過ごしました。

神戸国際大学防災救命クラブ(DPLS)は、今後も積極的に地域とのつながりを深めて参ります。