リハビリテーション学部

リハビリテーション学部の特徴

学びの特徴

1年次から、臨床現場を見据えた高度な教育を行います。また教員陣はほとんどが臨床経験者。医療現場を経てから、国立大学や専門学校で指導にあたっていた教員が大半です。本学独自の少人数制授業と知識を深めるPBL(Problem Based Learning)を組み合わせた自己啓発型学習、さらに学生とコミュニケーションが取りやすい環境での実習など授業から就職まで強力な教員陣がバックアップいたします。

心の教育

神戸国際大学リハビリテ-ション学部理学療法学科では、積極的な実践学習をモットーに、豊富な臨床実習と国内外での研修を実施。リハビリテーションの中核的な担い手である理学療法の高い専門的知識と技術および、豊かな教養と人間性を持つ有能な理学療法士の養成を目指しています。
本学科が育成する「理学療法士」という仕事は、保健・医療・福祉の領域で様々な対象者に対して、単に身体機能の治療だけでなく、生活の質(Quality of Life : QOL)の向上を目的として、人々ができるだけ幸せに毎日過ごせるよう、様々な支援を行います。つまり、人のために貢献できる、役に立てる、そのことに喜びを感じられ、自分が存在することで誰かが幸せになれる。その大きな自覚を持つことこそ、理学療法士という仕事の誇りであり、重みであると思います。

理学療法士になるには、あらゆる障害に対処できる科学的な「専門知識」、そして障害を克服できるように導く知識に裏打ちされた確実な「技術・医術」の能力が求められます。しかしそればかりではなく、人を思いやる心、いろいろな障害を持った様々な相手に対して、常に相手の立場に立って優しい心で臨むあるいは向かい合うことのできる豊かな人間性、これこそが一番大事だと思います。本学科が行う教育を通して具体化していくことで、真に人間性を育むための教育ができると期待しています。
現代の理学療法士には、高度な専門技術に加え、国際的視野と医療・社会問題への解決能力、柔軟性が必要とされています。本学科では国際大学および既存の経済学部の利点を生かし豊富なプログラムを整備し、国家資格取得をバックアップするとともに、高度な知識と技術の習得、豊かな人間性と経済・国際的教養を養い、医療専門職としての倫理とスキル、経営感覚を持つ理学療法士を育成します。

近年の急速な高齢社会の進展により、理学療法士の社会的ニーズは一段と高まっています。受験生の皆さん、医療・教育・保健・福祉の分野に関心を抱き、私たち教職員と一緒に積極的に学ぼうという気構えのある方、そしてそのために努力を惜しまない意欲あふれる方の入学を待っております。本学科では、意欲溢れる皆さんが学問に専念できると同時に豊かな人間性を育めるよう全力でサポートしていきます。

また、学生にとって、本学科で学ぶことはほんの基礎に過ぎません。卒業してからが本当の勉強になります。現場でいろいろな方と接することで初めて学べることの方が、はるかに多い。だからこそ本学科には皆さんがいつでも帰ってくることのできる「母港」のような存在であってほしいと願っています。卒業しても、大学と学生の関係は終わりではありません。教職員、卒業生たちの力で、後に続く後輩の学生たちを支えていけるような学科を目指していきたいと思います。

学部のポイント

Point1 経験豊富な教員による指導で!

「リハビリテーション」「理学療法(士)」の言葉は何となく知っているけど本当のところよく知らない、という方が多いのではないでしょうか?しかし、理学療法士のことが不明確なままでは学習意欲も沸かず、途中で挫折することが多いのです。
でも心配はいりません!神戸国際大学の専門職教員は教育だけでなく臨床も現役バリバリの理学療法士集団であり、専門分野も現在の理学療法界の全てを網羅できるほどの広領域です。きっと理想の理学療法士像がイメージでき、目標を持って学習に取り組める筈です。現役理学療法士の熱いリハビリテーションマインドで理学療法士へ向けての出発をサポートします。

Point3 海外研修を通じてグローバルな視野を!

リハビリテーションとは社会的な視点で障害を解決するプログラムです。社会的視点はその時代や場所により様々であり文化的側面のある思想であるといえます。ですから異文化に触れ、様々なリハビリテーション思想を肌で学ぶことはとても重要なことです。医療・福祉は国や地域の文化、風土および教育制度によって異なります。ライフスタイルに密着するリハビリテーション医療は特にその傾向が色濃く反映される分野でもあります。

【プログラムの例】※別途費用が必要です。

海外施設研修ではオーストラリア・ゴールドコーストで実施します。現地病院および大学の視察を通し、異国文化を肌で感じてもらいます。また世界的なリゾート地であるゴールドコーストならではの楽しみも用意しています。(予定)

Point4 豊かな人間形成を理学療法学的視点で展開!

理学療法士はトレーナーではなく、医学的専門知識を備えたメディカルスタッフです。
傷害に対するリハビリテーション、予防的リハビリテーション、そして、スポーツへとフィールドは拡がっています。
学びながらキャンパスの中で理学療法士の目を養ってみてはどうでしょうか?

Point5 充実した学生生活を!

近年の医療や医療工学の進歩(高度化)はめざましいものです。この変化に対応し中核となりうる人材を育成するために用意された科目が「理学療法アップデート(4年次)」です。再生医療、ロボット工学、最新医療機器というキーワードをもとに最先端の理学療法を学びます。
また最先端医療だけに目を向けるのではなく、理学療法の根源である生活に根ざした地域医療・在宅医療の動向も重要な問題です。超高齢化を迎える現代において、高度医療と同様に地域医療や在宅医療という概念や制度もめまぐるしく変化しています。この大きな問題に対して地域理学療法学、地域理学療法学演習と連動し、現代に求められる地域リハビリテーションに対応できる人材教育をめざします。

Point6 1年次から臨床の現場を見学

1年次で行われる理学療法概論演習では、臨床の現場において患者様の生活及び医療職者の行う医療行為を見学・体験することにより、医療に取り組む動機づけと医の心・社会的使命感を早期に養うことを目的としています。各学年進行レベルに応じた実習を展開しています。

Point7 経済学部とのハイブリッド!

医療制度の改革により、患者の負担は増える一方、また、新薬の値段の高騰、医師不足問題など、医療施設の経営や運営そのものが複雑化していますが、一番影響を受けるのは他でもない患者様です。私たちは、これら社会問題の知識を深め、これからの医療はどうあるべきかを考えて、実践できる理学療法士の必要性を感じています。既存学部である経済学部のノウハウを生かし、経済学の知識、経営感覚、さらに組織運営まで広く学べる環境を揃えています。これらのノウハウを活かして介護保険ビジネスでの起業も夢ではありません。神戸国際大学はリハビリテーション学部と経済学部とのハイブリッドシステムで卒業後も強力に夢の実現をバックアップします。

Point8 「奨学金」など安心のサポート体制!

リハビリテーション学部独自のサポート体制として、月額3万円給付の奨学金制度があります。
また、臨床実習にかかる交通費、宿泊費等の費用については、本学において一部負担をすることとしています。
実習において、自宅外通学となる遠隔地の場合は当該期間の住居費の一部、自宅通学となる場合は交通費の一部を援助いたします。(※)
また大学で使う器具・設備はすべて現場の声が生かされた、新しく使いやすいものを準備。 神戸国際大学は充実した勉学生活に貢献します。
※負担額詳細については入学後、臨床実習時までにお知らせいたします。