リハビリテーション学部 理学療法学科

実習について

神戸国際大学の臨床実習の内容と目的

  • 理学療法概論演習/臨床の現場において患者様の生活及び医療職者の行う医療行為を見学・体験することにより、医療に取り組む動機づけと医の心・社会的使命感を早期に養うことを目的としています。
  • 臨床実習Ⅰ/診療参加型実習となります。白衣を着て「医療スタッフの一員」として医療現場に出かけ、理学療法士の先生のアシスタントとして「患者様のために」動くことで、患者様のために何ができるかを考える心構えを学びます。
  • 臨床実習Ⅱ/理学療法士を目指す中で非常に重要な時期にある実習で、知識や技術がどれだけ患者様に役立つかを知り、自分の弱点も知ることができる実習です。
  • 臨床実習Ⅲ・Ⅳ/「長期実習」とも呼ばれる総合実習で、多くの患者様と関わり、技術を上げることができる実習です。現場の理学療法士がどう考え、どこに治療の目標を設定するのかなど実践的な知識を学びます。

実習の流れ 1年次:理学療法概論演習(2~3日間)2年次:臨床実習Ⅰ(2週間)3年次:臨床実習Ⅱ(3週間)4年次:臨床実習Ⅲ(6週間)・臨床実習Ⅳ(7週間)

広がる実習先

全国約300ヶ所で実習が可能

実習先一覧

病院・
クリニック
神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市)/神戸労災病院(神戸市)/神戸赤十字病院(神戸市)/神戸リハビリテーション病院(神戸市)/社会保険神戸中央病院(神戸市)/医療法人甲風会有馬温泉病院(神戸市)/神戸百年記念病院(神戸市)/神戸掖済会病院(神戸市)/一般財団法人六甲アイランド甲南病院(神戸市)/医療法人社団医修会長谷川医院(神戸市)/甲北病院(神戸市)/たつの市民病院(たつの市)/医療法人社団松本会松本病院(加古川市)/医療法人社団敬命会吉川病院(三木市)/医療法人社団英明会大西脳神経外科病院(明石市)/中山クリニック(明石市)/医療法人尚和会宝塚リハビリテーション病院(宝塚市)/武部整形外科リハビリテーション(尼崎市)/中野整形外科(尼崎市)/姫路愛和病院(姫路市)/ツカザキ記念病院(姫路市)/医療法人友和会今村病院(和歌山市)/社会福祉法人京都博愛会京都博愛会病院(京都市)/長浜赤十字病院(長浜市)/医療法人社団憲仁会牧田病院(札幌市)/都立大整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター(東京都)/独立行政法人国立病院機構東名古屋病院(名古屋市)/広島三菱病院(広島市)/医療法人社団公仁会鹿島病院(松江市)/医療法人田窪リウマチ・整形外科(松山市)/医療法人緑風会海里マリン病院(高知市)/社会医療法人大成会福岡記念病院(福岡市)/医療法人日章会南鹿児島さくら病院(鹿児島市) など
介護老人保健施設・福祉施設など
医療法人社団つかさ会介護老人保健施設コスモス苑(神戸市)/医療法人社団せんだん会介護老人保健施設兵庫みどり苑(神戸市)/医療法人社団翌檜会介護老人保健施設エルダービレッジ(神戸市)/医療法人社団清和会介護老人保健施設清和香櫨園(西宮市) など

先輩たちの実習体験レポート

老人保健施設 緑寿苑

患者様からの「ありがとう」が
意欲を高めるきっかけに。

柴垣 圭佑さん
リハビリテーション学部/理学療法学科
香川県・県立津田高等学校出身

検査測定の実習を通じ、実際に患者様と接することで症例に対するイメージが深まりました。慣れない私にも患者様やご家族から「ありがとう」と言ってもらえたことがうれしく、同時に「もっと頑張ろう」と意欲が高まりました。在宅復帰が決まった患者様のうれしそうな顔を見て理学療法士として患者様の笑顔のサポートをしたいと思いました。

医療法人社団顕鐘会 神戸百年記念病院

問診の流れや患者様との接し方を学ぶことができました。

名知 恒太朗さん
リハビリテーション学部/理学療法学科
三重県・私立高田高等学校出身

実習では検査測定の中でも問診を中心に行わせていただき、問診の流れや意味を学ぶことができました。実際に患者様とコミュニケーションをとることができたことが大きかったと思います。言語聴覚士の仕事も 見学させていただき、チーム医療の大切さも学びました。将来どの分野を目指すかを考える上でも大変有意義だったと思います。

医療法人社団英明会  大西脳神経外科病院

検査・測定のスキルを磨き現場での経験値を増やしたいです。

中島 早稀さん リハビリテーション学部/理学療法学科 兵庫県姫路市立琴丘高等学校出身

実習先は徒手の治療を重視していたので、手の感覚を研ぎ澄ませながら一人ひとりの障がいを正確に理解し、いかにしてその力を引き出すのかという理学療法士としての基本の部分を重点的に学べたのが良かった です。授業で学んだことがそのまま使えないことも多くあり、事前学習の重要性と現場で柔軟に対応できる力の必要性を改めて感じました。

医療法人貴和会  生野中央病院

授業で得た知識を現場で体感しより深く理解できたと思います。

山中 裕人さん リハビリテーション学部/理学療法学科 兵庫県 報徳学園高等学校出身

臨床実習を通して実感したことは、知識があることで学ぶ幅が大きく広がるということです。授業でイメージを膨らませていた症例も多いのですが、現場で実際に確認すると違う部分もありますし、患者様に合わせて応用させている部分もあるので、臨機応変に対処することの重要性も学ぶことができました。

臨床実習時のサポート体制

費 用

臨床実習にかかる交通費、宿泊費等の費用については、本学において一部負担をすることとしています。実習において、自宅外通学となる遠隔地の場合は当該期間の住居費の一部、自宅通学となる場合は交通費の一部を負担します。
※負担額詳細については入学後、臨床実習時までにお知らせいたします。

奨学金制度
リハビリーテーション学部独自の奨学金制度を採用。
月額3万円の給付を受けられます。

個別サポート

事前の全体オリエンテーション実施後、少人数教育担当教員による「前ゼミ」の中で学生個人ごとに詳細指導があります。実習終了後は少人数教育担当教員による「後ゼミ」で「実習報告会」が実施され、総合的な指導が行われます。
なお、実習期間中により細かな個別対応が必要となれば、担当教職員が随時対応します。