リハビリテーション学部 理学療法学科

カリキュラム

1年次は語学や教養科目を中心に幅広い知識と視野を育成。2年次から人体の機能、疾病や障害、保健医療福祉など医学の基礎知識を学ぶ。3、4年次に専門科目と実習を通じて臨床現場で通用する技能を習得。また、科学的視点を持った研究者も養成できるカリキュラム。

カリキュラムの流れ

リハビリテーション学部理学療法学科の教育課程の展開
  1年次 2年次 3年次 4年次
実習など   【臨床実習Ⅰ】
診療参加による基本的な理学療法技術の体験・習得
【臨床実習Ⅱ】
診療参加から理学療法技術の体験・習得
【地域理学療法学演習】
【臨床実習Ⅲ・Ⅳ】
診療参加による実践的な理学療法の修得
カリキュラム 基礎教養科目
リハビリテーション基礎科目
理学療法士の専門基礎科目  
理学療法士の専門科目
特徴的な学び 理学療法概論演習 海外施設研修
(オーストラリア)
医療経済・マーケティング論 研究法セミナー
卒業研究

教養科目

必須科目
1年次 英語A、英語B、情報処理論A、情報処理論B、物理学A、物理学B、健康科学論、医学用語・英語A
2年次 医学用語・英語B、ビジネス・マナー
選択科目
1年次 人間形成と思考 キリスト教概論、生涯スポーツ、哲学、心理学、生涯学習論、生命倫理
歴史と文化 日本史、外国史、身体と被服、現代経済学、キリスト教史、社会学
ことばと国際文化 中国語Ⅰ、中国語Ⅱ、ハングルⅠ、ハングルⅡ、英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ、海外語学研修A、海外語学研修B、異文化研修
2年次 ことばと国際文化 海外施設研修

専門基礎科目

人体の構造と機能及び心身の発達
1年次 身体の構造機能学演習A、身体の構造機能学演習B、身体の構造機能学実習A、身体の構造機能学実習B、身体の生理機能学演習A、身体の生理機能学演習B、人間発達学、身体の生理機能学実習
2年次 運動生理機能学、運動学A、運動学B、運動学演習A、運動学演習B
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
2年次 病理学概論、精神医学、内部障害学、運動器障害学、臨床神経学、感覚器障害学、小児疾病論、臨床心理学、公衆衛生学
3年次 国際救急・災害医学
保健医療福祉とリハビリテョンーシの理念
1年次 リハビリテーション概論
2年次 保健・福祉入門
3年次 医療経済・マーケティング論

専門科目

基礎理学療法学
1年次 理学療法概論、理学療法概論演習
3年次 理学療法管理・リスクマネージメント論、理学療法研究法、研究法セミナーA、
研究法セミナーB
4年次 総合理学療法演習、卒業研究
理学療法評価学
1年次 理学療法評価学A、理学療法評価学演習A
2年次 理学療法評価学B、理学療法評価学演習B、臨床運動学演習
理学療法治療学
1年次 理学療法基礎治療学A、理学療法基礎治療学演習A
2年次 理学療法基礎治療学B、理学療法基礎治療学演習B、義肢学演習、装具学演習、日常生活支援学、日常生活支援学演習
3年次 物理治療学、物理治療学演習、運動器障害理学療法学、運動器障害理学療法学演習、内部障害理学療法学、内部障害理学療法学演習、スポーツ障害治療学、スポーツ障害治療学演習、理学療法実践演習、神経機能障害理学療法学、神経機能障害理学療法学演習、発達障害理学療法学、発達障害理学療法学演習、ヘルスプロモーション学、ヘルスプロモーション学演習
地域理学療法学
2年次 生活環境論
3年次 高齢者理学療法学、地域理学療法学、地域理学療法学演習
臨床実習
2年次 臨床実習Ⅰ
3年次 臨床実習Ⅱ
4年次 臨床実習Ⅲ、臨床実習Ⅳ