世界で学んだ先輩

海外研修

サポートプログラムについて

中学生の頃から外国で英語を学びたいと思っていました。留学前の4ヶ月間、週に一度現地での生活に関する会話などをすべて教えていただき、大いに活用できました。

オーストラリアで得たものは

日本語の通じない環境でしたが、クラスメイトはわかりやすい英語で話しかけてくれ、英語力が上達しました。日本と違い生徒の積極的な姿にとても刺激を受けました。

この体験をどう活かす

帰国後、以前より何事にも積極的に取り組めるようになりました。私は観光学を学んでいるので、英語を活かして日本の良さを伝えられるような仕事に就きたいです。

交換留学

サポートプログラムについて

印象的だったのは、大学生たちが遊びや勉強に熱心で、時間の使い方がとても上手だったこと。音楽や歴史の授業を通してアメリカの文化や思想を学べたのもいい経験でした。

サポートプログラムについて

はじめは怖々としていた会話も、慣れるにつれ自分から参加して会話を楽しめるように。どんなことでも自分の力で解決するための自信と度胸が身につきました。

サポートプログラムについて

英語力をさらに磨いて将来は日本と海外をつなぐ仕事に就きたいと考えています。また、日本のことも勉強し、海外に日本の良さをもっと発信できるようになりたいです。

経済学部 趙 麗さん 中国・蘇州大学からの留学生

海外の大学で勉強してみて

自分の英語力を最大限に試し、発揮することができました。QUTの学生たちは皆個性的で勤勉で、自分の意見をはっきりと言います。自分の意見を一方的に伝えるだけではなく、相手の考えを受け入れ、それを理解したうえでのコミュニケーションが必要だと認識できました。

現地での生活の様子

ホストファミリーに恵まれたことで、海外留学最大の目的である「異文化理解」を有意義に学ぶことができました。人生初の「真夏のクリスマスとお正月」を満喫できました。

今後、留学を考えている人にメッセージ

自分のウィークポイントをストロングポイントに転換できる大きなチャンスです。何事にも積極的に取り組めば、世界観は10倍・100倍と広がるので、是非、チャレンジしてください。

参加動機は?

2年次は海外研修AのプログラムやTOEIC600講座への参加など、英語に重点を置いた学生生活を送りました。その中で、TOEICなどの資格のためだけではなく、もっと私自身の身になることは何かと思い、長期の交換留学を決めました。また、留学先を決める際には、現地の大学生と同じような生活を送りたいと思っていました。オスロ&アケシュス応用科学大学では、教育学部に所属し、英語が母語ではない世界各国の学生と英語でコミュニケーションをとることができました。

プログラムで得たものは?

ディスカッション能力だと思います。日本ではディスカッションの機会はあまりなく、英語のディスカッションはすごく苦労しました。ただ、私の言った意見が共感されたり、議論の中心になることが自信につながり、良い経験となりました。

神戸国際大学で学ぶ世界の学生

経済学部 ジェシー・カズモ・メイルホットさん アメリカ・セントマーティンズ大学からの留学生

毎日の刺激が、日本語を学ぶ原動力。

アニメを通じて日本の文化に興味をもち、日本語を学び始めました。日本人の友人もたくさんでき、日々の会話から日本の最新の話題に触れて大きな刺激を受けています。将来の夢はインターネットの会社で働くこと。環境の良い神戸国際大学で、これからも日本語力を磨いていきたいです。

経済学部 趙 麗さん 中国・蘇州大学からの留学生

海外の大学で勉強してみて

目標は、日本語を話せるようになること。日本語を通じて日本を楽しみ、友人をたくさん作り、文化にも触れたいです。また、日本語の勉強以外の面でも成長できたと実感しています。将来の夢は、音楽家や銀行マン、日本語教師など、たくさんあるので、ゆっくり決めていきたいです。

経済学部 ジェシー・カズモ・メイルホットさん アメリカ・セントマーティンズ大学からの留学生

先生方の親身なサポートに感謝。

大学の授業はわかりやすく、毎日新しいことが学べて楽しいです。先生方は生活面や進路についてもサポートしてくださり、おかげで早稲田大学国際教養学部への進学が決まりました。将来はいろいろな国の文化や人の心について学び、世界平和につながる仕事がしたいです。